トップ

歯科治療に不可欠な物

歯科治療で必要な印象剤とは

歯科でいう印象材とは

歯科でいう印象材とは型どりのための材料のことを指します。用途といえば、虫歯の際のかぶせものをつくったり、入れ歯を作ったりするときの型どりの際、ゼリーっぽい感じのものを口に入れられると思います。それが印象材です。歯科医院では、寒天とアルジネートという素材を使うのが一般的です。最近では、シリコン製のものがよく使われるようになりました。シリコン製の方が、寒天とアルジネートよりもより正確な型がとれるといいます。そのほか、ワックスパターンというものもあります。ワックスパターンはかみ合わせの部分の型どりに使われます。

印象材で何をするのか

歯科医院において、印象材は欠かせません。印象とは、歯を削って銀歯を作るときや、入れ歯を作る時などに歯型を取ることを言います。専用の粉と水を混ぜ合わせることで柔らかくなり、それを歯型が必要な部分に押し当てると固まるという仕組みです。歯科医院では印象材で取った歯型に、石膏を流し込んで患者さん一人一人のお口の状態を再現して、銀歯や入れ歯を作成します。印象はとても重要なもので、泡が入ってしまうと正確な型が取れないので、もう一度取り直しになることもあります。噛み合わせを調べるために、上下の歯型を取ることもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科治療で必要な印象剤とは. All rights reserved.